2021年3月30日火曜日

黄砂のこと

 二十数年前、九州で生活をしていたことがあります。当時、東日本では、今ほど騒がれていなかったので、九州では黄砂と噴火の時はベランダは大変だという話をきいても、さほど気にしていませんでした。

 赴任一年目の春先。地元の人に、「洗濯物はあんまり外に干せないよ」と言われてましたが、天気がいい日は外に干したい欲望が。出社前に外に干し、暗くなった帰宅後に慌てて取り込む日常。日中は屋内だったのでさほど実感はなかったのですが、週末、駐車場の白い車がかなり汚れているのに気づき、大変驚きました。車の持ち主の方は、綺麗好きで車もよく乗られていたので、黄砂の威力を見せつけられた思いでした。そして2週間ほど、何も考えずにいつも通り洗濯物を取り込んでいた自分を後悔。 


  今日は黄砂が広い範囲に届くそうです。外に干した洗濯物、パタパタするのをお忘れなく。


       (担当 M)

0 件のコメント:

コメントを投稿

終活について改めて考えてみました

  先日のブログにもありましたが、読売新聞の【備える終活】という記事を読んだ際、いわゆる「終活」について "死に支度” “タブー視せずに” などと書かれた文字が目に留まり衝撃を受けました。解ってはいましたが終活は「死」を意識せずには始められないことであることを改めて認識...